« 飛輪海小説『ステップアップ!』あとがき4~亞綸 | トップページ | 飛輪海小説『ステップアップ!』あとがき6~亦儒 »

飛輪海小説『ステップアップ!』あとがき5~ヴァネス

  飛輪海小説『ステップアップ!』本編を読んだことのない初めての方はコチラからどうぞhappy01

 今回はヴァネスです。

 書き始めた当初は、ヴァネスの登場はまったく考えていなかったのですが、ペンションの気のいいお兄さん的な人物を登場させることになり、始めはピーター・ホーに白羽の矢がsagittarius
 でも、読んでくださってる皆さんが、果たしてピーター・ホーに感情移入できるのか? 『上海タイフーン』って飛迷は見てたの?・・・と疑問視eye わたしは好きでしたけどね、ピーター・ホー(過去形?)

 というわけで、飛迷の皆さんにもなじみが深いであろうF4の中から(もちろんジェリー以外)の人選に至りました。。。。 悩むことなくヴァネスに決定flair

 実際のヴァネスって、最近は、敬虔なクリスチャンで、禁欲生活を・・・なんてイメージ(どんなイメージだ)が強く、正直性格とかはよくわからなかったので、ジェリー迷である友人のアドバイスや出演ドラマから役のイメージを膨らませました。 一旦書き始めると、ヴァネスは勝手に動き、勝手にしゃべるようになったので、とっても楽なキャラクターでしたnote 
 ヴァネスは遊び人風の軽さの中に、人情味あふれるタイプになっていったので、みんなが悩みすぎてシリアスになりすぎていた雰囲気を、いい意味で引っかきまわしてくれましたconfident

 ヴァネスのおかげで、日月潭のシーンは充実し、盛り上がったと言っても過言じゃありません!

1190277090_4936

 妹のメロディのことについても一言。 実際の彼女って、すっごく若いらしいですね? わたしったら顔もよく知らないし、なんのリサーチもせずに起用。 小説の中では、推定年齢25歳くらいです。 一応カフェ経営してますからそれなりの年齢にsweat01
 亞綸迷的発言をした彼女ですが、”ジャック”とは過去にとくには深い関係はないです。
 あくまでも、ペンション経営者の娘と、使用人(ウエイター)です。 後付ですが、亞綸はペンションで働かされた分はちゃんとバイト代もらってますsmile 
 メロディとヴァネスは、なぜか亞綸を”ジャック”と呼ぶのですが、裏設定としては、アメリカンな雰囲気がのこる兄妹を見て、アメリカ時代が懐かしくなった亞綸は「ジャックと呼んで」と言ったようです。 
 わたしの記憶がたしかなら、リアル亞綸は、アメリカに渡る飛行機の中で見た映画に”ジャック”という男の子が出ていて、英語名を”ジャック”にした・・・てのが由来だったはず。(違ってたらごめんなさい)
 今の英語名を”ジャック”にしないで”アーロン”にしたのはなぜでしょうね~ ”ジャック”っていかにもすぎる名前だから? ミント的にも、”アーロン”はアリだけど”ジャック”はちょっとcoldsweats01

 

  話をヴァネスに戻します。ヴァネスが登場した活躍した第十七話「暗闇の中で・・・呉尊の沈黙、ヴァネスとの再会」第十九話「ヴァネスのプロポーズ、日月潭の花火」第二十話「亞綸の孤独」は、ヴァネスの部分はとっても楽しく書けましたnotes 悩みのない感じにミント自身も救われたというか。。。
 小説の中のヴァネスが結婚していないのは、気楽に遊んでいたいからというのもあるだろうし、一番の原因は、まだ運命の人に出会っていないということだと思います。 
 ヴァネスがアミンを何年も待ち続けたとは思いません。 心の片隅で、そっと大事にしていたアミンが、ある日突然現れ、彼女のピンチをまたもや救ったヴァネス。 ハートに火がついたんだとしたら、きっとその時でしょうねbomb
 たった一週間のヴァネスの恋。 自ら望んで砕け散ったところに、男の美学を感じずにはいられないミントですshine 
 でもアミンとの出会いをそれだけに終わらせないところが彼らしいところで、ちゃっかり小説の舞台にしてもらい、ドラマ化→宿泊客増加というシナリオができていたように思えますsmile 
 
  そんなヴァネスらしいステップアップはどうでしたか?

『ステップアップ!』あとがき6~亦儒


目次と登場人物~ヒロ&アミン篇

目次と登場人物~大東&亞綸篇

目次と登場人物~SP 

 

 

   

 

 

|

« 飛輪海小説『ステップアップ!』あとがき4~亞綸 | トップページ | 飛輪海小説『ステップアップ!』あとがき6~亦儒 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飛輪海小説『ステップアップ!』あとがき4~亞綸 | トップページ | 飛輪海小説『ステップアップ!』あとがき6~亦儒 »